せいの農園へようこそ

葉とらずりんご 葉取らずふじ

青森弘前のせいの農園へようこそ!せいの農園の畑は、青森県弘前市の郊外のりんご作りにもっとも適した地域にあり、弘前の霊峰「岩木山」が綺麗に見える所でもあります。りんごの美味しさは、日中と夜間の気温差で決まります。弘前はその気温差がりんごにとって、ちょうどいい環境なのです。

第49回農林水産祭 内閣総理大臣賞受賞

経営理念

農業で感動を分かち合い、産地を豊かにし共に生きる

園主挨拶

葉とらずふじ せいの農園

こんにちは、せいの農園の清野耕司です。いつもお世話になっております。当園は葉とらずりんごの先駆者として弘前市で葉とらずりんご栽培をしております。私共の園地では、青森県指導の半分より農薬を使用しておりません。除草剤はまったく使用しておりません。また、収穫の時まで葉っぱを残して一生懸命同化作用をしてもらい、ふじのような赤色りんごでいえば、赤い「色」よりも「美味しさ」に重点をおいて栽培しておりますから、美味しく安心してお召し上がりいただけます。

葉とらずふじ せいの農園

子どものときから親の後を継ぎ農園を継ぐつもりでしたが、高校生の頃には、進学して他の職業に就くなどの道もあるのかと悩みました。結局、進学せずに農業研修のためにアメリカに渡り、西海岸北部にあるワシントン州のブリュースターでりんご農家に受け入れてもらい、住み込みで研修を受けました。英語も分からずホームシックになりくじけそうな時もありましたが、受け入れ先の家族たちが親切にしてくれました。研修同期のメキシコ系の友達もできスペイン語も少し覚えました。
22歳の時に帰国し、両親の経営する「せいの農園」で就農してからはどんどん研究欲が湧き、北海道十勝の花畑牧場のワーキングスクールで7ヵ月間、酪農の仕事やチーズ加工、レストランでの販売などを学びました。

葉とらずふじ せいの農園

再び弘前に戻って、今は両親と一緒に約11ヘクタールのりんご園で葉取らずりんごを作り、プルーンも約50アールほど栽培しています。
農業を楽しめるようになり交流で出会った素晴らしい農業者に出会ったことも刺激になっています。農業は楽をしようと思って手を抜くと、それだけのものになってしまいます。 
近年は予想ができない霜や雹、低温、水害、台風の直撃などに見舞われることが多くなっています。
 農園で一緒に働いてくださっているスタッフに迷惑がかからないような経営もしていかなくてはいけないと思い、ジュースやジャムを製造し、被害があっても損害が少なくなるよう開発にも余念がありません。また、生産者の顔の見える販売で直売所も盛り上げていきたいです。そして、「せいの農園」の名前をより多くの人たちに知ってほしいと考えています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

せいの農園 代表取締役 清野耕司

せいの農園の1年

農園の1年 リンゴの花

りんごの花


春はせいの農園のりんごの花が満開になります。せいの農園からは津軽富士と言われる残雪残る岩木山が見えます。弘前城の桜が終わる頃、りんごの花が咲きます。

りんご園 草刈り

草刈り


除草剤を全く使わないので、雑草が元気に生えます。せいの農園では、りんごに大切な、土の栄養を損なわないように心掛けています。真夏の暑い時期、美味しいりんごを実らせるために、草刈は大切な作業です。草刈機の他にカマやクワを使って、一本一本手作業でおこないます。

りんご収穫

収穫


9月頃〜11月下旬はせいの農園がいちばん活気付く時期です。1年間手間ひまかけたりんごが実る秋です。台風や大雨・強風等に耐えた葉とらずりんごが、無事に収穫できる秋、この時がいちばん嬉しい季節です。

りんご剪定作業

剪定作業


青森の冬はとても寒く、その厳しい寒さの中での剪定作業はとても大変です。足元は深い雪、りんごの木に積もった雪を降ろしながらの作業です。剪定は、りんごの実り、育ち方に関わる大切な大切な仕事です。難しく、一切手を抜けません。 この細かな作業が美味しいりんごを育てます。

美味しさへのこだわり

葉とらずりんご 葉取らずふじ

土へのこだわり

葉とらず栽培 土作り

当園は土を大切にしているため除草剤を一切使いません。りんごを育てる土を大切にしているから、 一本一本クワやカマを使っての作業です。土が元気なので雑草が多い。おまけに畑の土には昆虫やネズミも住んでいます。大事なりんごの木や根をネズミの住み家にされないようにしています。この作業は手にマメができ、腰が痛くなってしまいますがとても大切な作業です。

葉とらずりんご 葉とらずふじ

あえて真っ赤にしないこだわり

葉とらず栽培

りんごに色付きを良くするために一般的にはりんごの周りの葉をとり、反射シートを敷いています。 しかし、そうすることでりんごの糖度が落ち、食感に違いが出てしまいます。 また、シートを敷くとりんごのおしりが色付きがよくなりますが、完熟していないりんごも美味しそうに見えてしまうので、 せいの農園はシートは敷きません。
当園のこだわりは、美味しそうに見えるりんごを作るのではなく、りんご本来の味がする食べて美味しいりんごを作っているのです。
また、葉を摘みとらずに葉の光合成や同化作用を大切にしてりんごを育てています。詳しくは『葉とらずりんごとは』をご覧下さい。 太陽が当たりにくい枝は、葉をとったり反射シートで光を当てるのではなく、木の中 に支柱を入れて枝を持ち上げたり、 紐で引っ張り太陽光が届くようにしています。
美味しさを作る役割をする葉を摘み取ってしまっては、いくら赤く美味しそうに見えても、りんごのうま味、本来の美味しさはないのです。色はあまり良くないけれど、パリッとして美味しい!秘密はそこにあるんです!

Shopping Guide

shipping

葉とらずりんご 葉とらずふじ

クロネコヤマトがお届けいたします。1配送先につき1梱包の送料がかかります
プルーンは送料込み価格です
北海道1,300円
東北1,100円
関東・信越1,200円
中部・北陸1,400円
関西1,400円
中国1,600円
四国1,600円
九州1,700円
沖縄4,100円
送料についての詳しい情報はこちらからどうぞ

return

返品

商品到着後速やかにご連絡ください。送料当園負担にて返送後、良品と交換または返金いたします。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。

payment

支払方法

・代金引換払い
別途代引き手数料がかかります
商品合計6,000円(税込)以上で代引き 手数料無料!
・クレジットカード払い
・お振込み(前入金)
・Amazonpay
Amazonpay支払い
お支払いについての詳しい情報はこちらからどうぞ
葉とらずりんご 葉とらずふじ