葉とらずりんごの青森県弘前市のりんご農家、せいの農園です。

葉とらずりんご せいの農園

2010年農林水産祭 内閣総理大臣賞受賞

(有)せいの農園 営業時間 10:00-16:00

フリーコール0120-59-4800

お問い合わせ

太陽の恵みをたっぷり浴びた健康果実、葉とらず青森りんご。

直売所へご来店のお客様へ(感染対策)

直売所へお越しの際には必ずマスクをご着用ください。直売所入口では検温を実施しております。感染拡大防止に皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
詳細はコチラをご確認お願いします。

せいの農園からのお知らせ

2022.11.30
年末年始休業のお知らせ
2022年12月29日〜2023年1月3日
■年内発送最終受付:12月19日
■年内最終出荷日:12月22日
■休み明け出荷開始日:2023年1月5日
お引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2022.11.18
たくさんのご注文をいただき誠にありがとうございます。サンふじ・サンふじを含む商品は第3期:12/12以降の発送予定になります。また旬の葉とらずりんご詰合せにはサンふじは含まれません。何卒よろしくお願い申し上げます。
2022.11.17
************************
【お客様へ】
今年も当園の葉とらずりんごをご購入いただき、誠にありがとうございます。
今年は夏場の長雨の影響でりんご園ではたくさんの病気が発生してしまいました。
元々一般的な農家さんよりも農薬を少なく使用しているので難しいのですが、
特にすす点病・すす斑病が付着し、りんごの表面に黒い墨汁のようなシミがついているものもあります。
人体に全く害はなく拭き取れますが、当園ではりんごの鮮度保持のため拭き取り作業はしておりません。
気になる方は拭き取るか皮をむいてからお召し上がりください。
これからも当園の「葉とらずりんご」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2022年11月  有限会社せいの農園
*************************

お客様の声

葉とらず青森りんご

[青森りんご]せいの農園のホームページへようこそ!青森りんごの中心地弘前市で、除草剤は使わず、散布する農薬は抑え、食べて安全な丸かじりできる自然のりんご、太陽の恵みいっぱいの無袋・葉とらずりんごを栽培しております。「なぜ、せいの農園のりんごはこんなに美味しいの?」とりんご農家さんのファンも多いんです。
当園の葉とらずりんごには、手間も工夫もいっぱい!収穫後、りんご専用冷蔵庫で保管していますので鮮度抜群!弘前の直売所では、りんごの他、りんごジュース・ジャムの試飲・販売しています。
味にブレのないせいの農園の青森りんご、ぜひ一度お試しください。

見ためを犠牲にして味を良くした、葉とらずりんご栽培

従来は、りんごの色を良くする目的で日光を果実に浴びさせるために果実の周りの葉を摘み取っていました。 せいの農園では、りんごの葉を摘み取らずたくさん残すことで、果実に充分栄養がゆき渡るように光合成をさせます。葉は工場の役割をしているからです!美味しさの秘密は、葉が陽の光をたくさん浴びて空気中の炭酸ガスで呼吸をし、りんごに養分(ソルビトール)を送ってこそ甘みが増し美味しくなるのです。色ムラがあり、外観はよくありませんが味の良いりんごが葉とらずりんごなのです。

葉が陽を浴びて呼吸をするから 果実が元気なんです

葉とらず栽培のりんごは、表面に特徴があります。

写真を見ていただければわかりますよね!?表面にムラがあるんです。りんごは太陽の光を浴びた部分が赤く色付くんですが、葉取らず栽培で育ったりんごは葉の陰になる部分があるため、陽が当たらない部分は赤くならないんです。見ためは良くないですが、これが自然の恵みをふんだんに浴びて、美味しく育った印なんです。せいの農園のこだわりは、これだけではありません。

せいの農園のりんごのおいしさにはまだまだ秘密が・・・


お支払い方法について

[銀行振込]みちのく銀行・ゆうちょ銀行
[代金引換]別途手数料がかかります

詳しくは「お支払い・お届け」のページをご覧ください。

配送方法について

クロネコヤマト(常温便・クール便)でお届けいたします。

りんごは常温便で発送しますが、時期により(9〜10月頃)冷蔵便で発送いたします。 ジュースは常温便での発送です。

りんごの送料のご案内

北海道 1,200円 東北 1,000円
関東・信越 1,100円 中部・北陸 1,300円
関西 1,300円 中国 1,500円
四国 1,500円 九州 1,600円
沖縄 4,000円  

※海外発送は行なっておりません

※送料込みの商品は沖縄へのお届けには別途送料がかかります